2017.10«  11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »2017.12

Free Space Title

Free Space Body
Free Space Body
Free Space Body
Free Space Body
Free Space Body

スポンサーサイト

[ --.--.-- --:-- ] ( スポンサー広告)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第557回:アナログレコードを両面自動演奏出来るステレオシステム

[ 2013.08.16 23:51 ] ( でじぱら)

徒然なるがままに日暮…(ぉ

今日は、昔のでじぱら(…ちょっと違うが)を書こうと思う…

ハッシュタグ「#お前らの昭和をばらせ」でシャープ公式の画像フォルダが火を吹いたを見ていたら、

目の付け所がシャープおかしい (←ヲイ(^^;)

製品(褒め言葉よ)が多いのがご愛嬌なんだけど、1970年代から80年代にかけて、メーカーを問わずして、こうした合体多機能ロボ製品(…と、勝手に呼ばせて頂く)が多く発売されました∩( ・ω・)∩

その中の1つとして取り上げたいのが、

VZ-V3両面自動演奏ステレオシステム

↑シャープの「オートディスクV3」こと、VZ-V3…デビューしたのが1981年。
Compact Discが登場する前年でした(^^ゞ

私自身は、残念ながら見たことが無いのですが…当時、オーディオメディアの主流だったアナログレコードを縦にして入れると云うのも凄いのに、両面自動演奏出来ると云う所が、流石は使い勝手を重視する家電メーカーとしての発想だなぁ…と思いましたよ♪
(音質を重要視するオーディオ専業メーカーだと、こうは行かなかったでしょうね…(^^;)


今のシャープは、ヘルシオ以来「ちょっと変」な製品が出てきていないのが、(企業の懐具合が悪いとは云え)正直言って寂しい所ですが、IGZOや4Kもいいけれど…また、遊びココロいっぱいの(悪く云えば、使うのに困惑するww)製品が出てくる事を期待(?)して、本稿の結びとしたい…m(_ _"m)ぺこり

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。